このサイトは縁があればすぐにでも再婚したいと考えているバツイチや子連れの男性や女性のための婚活サイトを紹介しています。

離婚歴がある自分には子供がいるので婚活できないと結婚をあきらめていませんか?最近は子供がいらっしゃるシンママやシンパパも積極的に婚活活動されているんですよ。

初婚の方はもちろん、バツイチや子連れの男性・女性の方もこの婚活サイトで素敵なパートナーと出会って幸せな結婚をしてください!

本気の婚活でよく利用されている婚活サイトおすすめランキング

  • ブライダルネット

    ブライダルネット

    会員数では7万人弱と大手に比べれば小規模ですが男女比は男47:女53とほぼ理想値に近いバランスです。入会する時に、本人確認書類の提出が必要であること・入会審査を設けていることなどから、会員の方に対する信頼性が非常に高いものとなっております。また、任意で住所証明・勤務先証明・独身証明などが提出できることから、男性の本気度・真剣度を女性にアピールすることもできます
    婚活サイトは多くの場合、メール交換までのサポートとなっておりますが、ブライダルネットでは「連絡先を交換したり」や「デートの誘い」までサイト内で完結できるという嬉しいサービスがあります。こうした機能のおかげで「会える確率」は通常の2倍から3倍になりました。お値段も結婚相談所の30分の1という価格となり(現在の価格はこちらでご確認いただけます)、もしカップルが成立しなければ【全額返金】という徹底ぶり。本気の出会いを探しているなら、ブライダルネットのサービスはとても質の高いです。

  • youbride(ユーブライド)

    ユーブライド

    ユーブライドは会員数が84万人もおり、超大型サイトといえます。会員数だけではなく、利用する方の質の高さも必見です。「気軽に出会いを楽しむ」というよりも積極的に婚活を意識した方が多く、それは顔写真の掲載やプロフィールの充実度からも読み取ることができます。また、一般的に美男美女が多いと言われています。これは「結婚したいのにできないから登録する」というパターンよりも「より素敵な出会いを求め、視野を広げて婚活・恋活をしたい!」という理由で登録しているユーザーが多いからだと言われています。

  • ゼクシィ縁結び

    ゼクシィ縁結び

    TVCMで馴染みのゼクシィが運営している婚活・恋活サイトです。
    ゼクシィといえば、「ブライダル・結婚・恋愛」では、知らない人はいないでしょう。そのゼクシィが婚活サービスをスタートさせました。今までにゼクシィで結婚した夫婦の方の調査を元にしたマッチング機能やコンシェルジュによるデート調整サービスなど充実した内容です。無料で会員登録することができます。結婚を前提にした真剣なお付き合いを探している利用者が多いのが特徴です。


合コンは実は簡単にまとめた言葉で、本当は「合同コンパ」なのです。これまで会ったことのない異性と会話するために営まれる男女入り交じった酒席のことで、グループお見合いの要素が根本にあります。
婚活の実践方法は豊富にありますが、ポピュラーなのが独身者限定の婚活パーティーです。ところが、割とうまくなじめないかもしれないと躊躇している人も多く、まだパーティーは未体験という話も多くあるそうです。
「婚活サイトって複数あるけど、どうやって選べば失敗しないの?」と二の足を踏んでいる婚活中の人向けに、メリットが多くて知名度も高い、今が旬の子連れやバツイチの方の婚活サイトを比較した結果をベースに、ランキング形式にしてみました。
かねてより結婚仲介業を行ってきた結婚相談所とメディアでも話題の結婚情報サービスは、どちらも同じことをやっているイメージを持ってしまいますが、内情は大きく違っています。こちらのページでは、双方のシステムの違いについて解説させていただいております。
さまざまな事情や気持ちがあることは想像に難くありませんが、大勢のバツイチ持ちの人達が「再婚したくてもなかなか前向きになれない」、「パートナーを探す場所がなくて再婚できない」という不満を抱いています。

「一般的な合コンだと恋人作りのチャンスがない」という方々の参加が多い今が旬の街コンは、地域主体で男女の出会いを助けるシステムで、信頼できるイメージがあるのが特徴です。
「出会いのきっかけは実はお見合いパーティーなんです」と言っているのをいたるところで伝聞します。そのくらい結婚を真面目に考える方々にとって、欠かせないものとなった証です。
昨今登録者が増えている結婚情報サービスとは、会員ひとりひとりの情報をデータ化してオンライン管理し、会社独自のプロフィール検索サービスなどを有効利用して、会員のつながりを応援するサービスです。結婚相談所とは違ってスタッフが一から手伝う等の重厚なサポートはありせん。
2009年頃から婚活がはやり始め、2013年頃になると“恋活”という造語を耳にするようになりましたが、それでも「それぞれの違いを説明できない」と話す人もたくさんいるようです。
恋活は読んで字のごとく、理想の恋人を作るための活動のことを指しています。ドラマチックな出会いを求めている人や、早めに恋人とデートがしたいと願っている人は、さまざまな恋活を始めてみることをおすすめします。

普通はフェイスブックの利用を認められている人だけが使用を許可されており、フェイスブックに掲載されているさまざまな情報をもとに相性を調べてくれる補助機能が、全婚活アプリに完備されています。
結婚相談所などもあれこれ特徴がありますから、いろんな結婚相談所を比較し、一等理想に近い結婚相談所を見つけなければならないでしょう。
街コンの内容をくわしく見てみると、「偶数(2名や4名)でのご参加をお願いします」と記載されていることもあるでしょう。そういうイベントは、単身で参加したりすることはできないシステムになっています。
子連れやバツイチの方の婚活サイトを比較するにあたり、サービス利用料のあるなしを確かめることもあるに違いありません。当然ですが、有料サービスの方が費用をかけるだけあって、熱心に婚活に励む人が目立ちます。
バツイチというハンデは大きいので、平凡に過ごしているだけでは、再婚したいと思える相手と知り合うのは難しいでしょう。そんな悩みを抱えている方に適しているのが、多くの人から支持されている婚活サイトです。